女性は閉経が近くなる40歳前後を境に卵胞の量が急激に減少していき、
50歳になると、数千にまで減少すると言われています。

その減少にともなってそれまで分泌されていたエストロゲンなどの
女性ホルモンの量が減少し、次第に男性並みのエストロゲン量となります。

 

エストロゲン濃度が低下し続けると、フィードバックによる下垂体の
抑制が弱まるため、閉経前後の時期は、卵巣からのホルモン分泌が
低下する一方で、卵胞刺激ホルモンは増えます。

 

このような体の中の変化により女性ホルモンがアンバランスになり、脳内の
自律神経中枢の働きが失われさまざまな身体的・精神的な不調が現れはじめます。
この症状を更年期不定愁訴症候群、すなわち俗に言う更年期障害といいます。

 

ここで、更年期障害になりやすい人となりづらい人といますが、
そこには一体どのような違いがあるのでしょうか。

なりやすい人となりづらい人の違いをご説明いたしますので、
自分がどちらに該当するのか考えてみてください。

 

【 更年期障害になりやすい人 】

更年期障害になりやすい人というのは、生理前に体調を
大きく崩してしまうタイプだといわれています。

これを月経前症候群といいますが、このような人は更年期障害の
リスクが高いので若いうちから注意しないといけません。

 

ストレスを感じやすい、自律神経系が弱い、冷え性が酷い、眠りが浅い
という人はホルモンバランスを崩しやすいので、更年期障害になりやすいです。

神経質な人や几帳面な人、責任感が強い人、完璧主義の人は
ストレスを受けやすいので簡単にホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

そして、不規則な生活習慣をしている人や食生活が偏っている人、
毎日忙しく働いている人もなりやすいタイプなので気をつけてください。

薬によっても更年期障害を克服することができますので、
調剤薬局等で薬剤師に相談してみて下さい。

 

【 更年期障害になりづらい人 】

更年期障害になりづらい人は、日頃から食生活に気を遣っている人や
毎日運動をしている人、たっぷりと睡眠を取っている人です。

また、趣味を思う存分楽しんでいる人や楽天的な性格な人、
大豆製品をよく食べている人も更年期障害になりづらいですし、
仮になったとしても症状が軽いといわれています。

つまり、規則正しい生活をしストレスが少ない人がなりづらいタイプなので、
更年期障害の発症リスクを抑えるためにもこのような生活を送りましょう。